毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「平良夏芽はかく語りき」(4)…国家が国民に牙を剥くとき

<<   作成日時 : 2006/10/12 13:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 14 / コメント 7

 平良夏芽は振り向きながら言った「痛いから力をいれないで欲しい」と。
 講演会場に早めに向かうと前を一人の男が歩いている。なつかしい……、平良夏芽だった。逮捕、保釈されたことと久々に会ったことから、普段なら絶対しない握手を求め、右手を差し出した。躊躇するように、そっと右手をさしだす平良夏芽の10数年ぶりの言葉が「痛いから……」。
 右手だけではない。機動隊に蹴られ、殴られ、満身創痍という。ワタシはふと思い出した、これが国家権力だ。容赦なく国民に襲いかかる権力の本性。それぞれの世代がそれぞれの過去を思い出すかもしれない。安保闘争か、三里塚注1)か……そんな昔まで遡らなくてもニホン各地で途切れることなく繰り返される。それが辺野古のように非暴力の闘いであっても蹴られ、殴られ、叩きのめされる。
 平和を守る、戦争を防ぐ、命を守る、人権を守る、故郷を守る、生活を守る、子どもを守る……、個々のどんな「想い」であろうともそれが「国家の意志」に逆らうとやつらが判断したとき、権力は容赦なく牙を剥く。国民を守るはずの国家権力という幻想。

 平良夏芽は語る。
 地球をアメリカ支配下におくことを目論む「米軍再編」。その米国国家の意志に尾を振る「国家の意志」はニホン、沖縄・辺野古だけではない。韓国・平沢(ピョンテク)、またフィリピンでもおきている。
 韓国ではソウルにある米軍基地は「米軍再編」により、ピョンテクという美しい田園風景のひろがる村に拡張移設がされようとしている。米国に尾を振る韓国政府は、数百人が「生き」「生活する」農村を潰し巨大米軍基地をつくろうとしている。
 5月4日、故郷と生活をまもろうとする数百人の農民に、国家は7000人の機動隊と国軍で押し寄せてきた。農業用水路にコンクリートを流し込み、生活の基盤を壊していった。9月12日には、20000人の機動隊と国軍が村を襲いかかり、60軒もの家を破壊していった。今、人が生活している家々をだ。数百人の村に20000人もの武装した権力が襲いかかる。韓国という国家は、年内に全ての村民を排除して、村を潰し基地にすると宣言している。注2)
 フィリピンでも「米軍再編」は進もうとしている。フィリピンではピナツボ火山噴火のとき米軍は撤退したことになっている。名目上撤退ということになっているが、実際は訓練やらなにやらで居座っていた。しかし今回正式に戻ろうとしている。フィリピン政府は歓迎しているのだが、実際に米軍が帰ってくるのは周辺の島々だ。沖縄と同じような島々だ。島の民が「嫌だ」といっても聞かれることはない。
 そんななか、非暴力の闘いをつづけているフィリピンキリスト教協議会の牧師が、昨年だけで55人殺された。今年になっても連絡がつかない牧師が続出している。
 平良夏芽は言う。アメリカがいう「テロリスト」という言葉も気をつけなければならない、と。島々に米軍が戻ってくることを厭がり、抵抗する者が「テロリスト」と呼ばれる。このフィリピンの島々で「生活」と「命」を守るために抵抗する民が「テロリスト」と呼ばれるのだ。それは奴らがいうとこの、奴らの一方的な価値観での「テロリスト」なのだ……。


 これが「国家の意志」というものだ。えっ?韓国やフィリピンなんて外国や沖縄なんて遠い島、リアリティがないって? 安保闘争や三里塚ってなんのことやらさっぱり解らないって? プレカリアートのデモ弾圧もホームレス強制退去・小屋の強制撤去の弾圧も「一般市民」にゃ関係ないって? 冗談じゃないぞ、「一般市民」である君たちが歩いている道路、カッコいい車をすっ飛ばしているその道路、誰が造ったんだと思ってるんだ。日雇を使い捨て使い捨てしながら造ってんだよっ!! 使い捨てられた日雇がホームレスになってんだっての!!! 普段つかってるその商品、プレカリアートや偽装請負で労働者を使い捨てて造ってるんだろうが、安い買い物したなんて、安易に喜んでていいのかよ!! ハァハァハァ…。そこの浮かれてるアンタ、ちょっとバカンスよ、と、びゅーんと飛び立つ空港、そう、その空港だよ、それは、そこで暮らしていた農民の生活をぶっつぶして造った空港だってわかってんのか!! ぜぇぜぇぜぇ……。バタンっ(失神)……。

 今の平良夏芽なら言うだろう(言うかなぁ? 講演ではこんなニュアンスのことは言っていたのでよしとしよう)。韓国、フィリピン、辺野古……、知らぬ存ぜぬなんてのは人殺しに加担してるんだ、ってね。人殺しのために世界へ飛び立つ要塞建設に加担しているんだって。ニホンが人殺しの基地になるのに加担してるんだって。
 負け犬のヘタレブロガーのワタシとしては、平良夏芽みたいなことは言えないし、言わない。相変わらず、できることを出来る力量で……なんて呟いている。でも、これからワタシなんぞが言わなくても誰もが……、そう、それが一般市民だろうが、知らねーと言おうが、リアリティの持てる時代になっていくだろう。ブッシュは全ての選択肢をのこしておくとのたまっているし……、沖縄では米軍が戦争の準備にはいってるときくし……。悪の中枢と持ち上げ戦争したくて仕方がないし………

 そして昨日もパトリオットミサイル設置に反対する市民が「国家の意志」に蹴散らされた。 

注1)ワタシは安保闘争にも三里塚闘争にも参加してません。その頃は子どもでした。
注2)年内にピョンテクで強制収用がおきたら「薫のハムニダ日記」でとりあげてくれるんじゃないか、と密かに期待している。と、語りかけてみる。



「平良夏芽はかく語りき」(1)…沖縄の空気、戦争の予感
「平良夏芽はかく語りき」(2)…辺野古が『代替』基地なんて大ウソ!!
「平良夏芽はかく語りき」(3)…非暴力のたたかいとは
「平良夏芽はかく語りき」(4)…国家が国民に牙を剥くとき
「平良夏芽はかく語りき」(5)…沖縄知事選で私たちでも出来ること


■以下引用■

嘉手納に本体搬入/機動隊、反対派を排除
 米軍の警備要請を受け、県警は十一日早朝、うるま市の米軍天願桟橋前で、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)のミサイル本体の嘉手納弾薬庫への搬入を阻止していた市民グループ約五十人を、機動隊員らを動員して強制排除した。輸送船が天願桟橋に接岸してから丸二日間、膠着状態が続いていたが、米軍は同日午前、計二十四基のミサイル本体を輸送船から民間トレーラーに移し、嘉手納弾薬庫へ搬入した。ミサイル防衛(MD)を目的とするPAC3の国内配備は初となる。

 十一日午前六時前、機動隊員らを乗せた県警のバス六台が、市民グループが座り込みを続ける天願桟橋近くに到着。同六時二十分、盾を手にした約百人の機動隊員と約二十人のうるま署員らが市民グループを取り囲んだ。県警はスピーカーで繰り返し退去を呼び掛けた上で、腕を組んで立ち並ぶメンバーらの両脇を抱えるなどして一斉に排除。ゲート前の横断幕やのぼり、テントを次々に撤去した。けが人などは出ていない。

 阻止行動の解除を受け、米軍や日本人作業員を乗せたワゴン車やバス、民間の大型トレーラーが天願桟橋内へ進入。午前九時半、ミサイル本体とみられるコンテナを積載したトレーラー十五台が車列をつくって天願桟橋を出発し、約十五分後に嘉手納弾薬庫に入った。うち九台は二往復し、午後零時八分までに二十四基すべてを搬入した。

 ミサイル本体を積載していた輸送船は十一日午前十一時十分ごろ、天願桟橋を離れた。那覇軍港へ回航し、発射台などを陸揚げするとみられる。同日以降、嘉手納基地への搬入作業が再開される見通し。

 装備品などを積載した第一陣の輸送船は先月二十九日に那覇軍港に入港。今月五日未明まで四日間かけて約三百六十台(コンテナ含む)を嘉手納基地へ搬入した。

 米軍はミサイル本体や装備品などの移転、組み立てを約一カ月間で完了させ、年内に一部運用、年度内に本格運用をスタートする方針。

     ◇     ◇     ◇     

機動隊ごぼう抜き/反対派「何を守るのか」

 【中部】県警は十一日早朝、米軍と那覇防衛施設局の警備要請を受けて機動隊らを出動させ、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)ミサイルの本体荷降ろし阻止に向けて座り込みを続ける沖縄平和運動センターなどのメンバーを強制排除した。施設局は前夜まで「対話継続」を強調し、人数が少なくなったところを見計らったかのような強行突破。ひきずり出される反対派から「だまし討ちだ」「県民でなくミサイルを守るのか」と叫び声が上がった。ミサイル本体を積んだトレーラー十五台は、「爆発物」と書いた看板をつけ、交通量の多い県道に出て、嘉手納弾薬庫に向かった。

 「排除」。午前六時半、短い号令が下った。反対派約五十人に対し、向き合った機動隊員らは二倍以上の百人余り。互いの腕を組んでゲートを封鎖していた反対派を、一人一人両脇を抱えてひきはがしていった。

 大きな抵抗はないが、「やめて」という女性の叫び声が聞こえる。五十枚近いジュラルミンの盾がゲート周辺を固め、報道陣もその輪の中からはじき出した。

 道向かいの米軍施設では、陸海軍の将兵が談笑しながら、フェンス越しに混乱の様子を見守った。米国総領事館のカーメラ・カンロイ副領事は「警察は素晴らしい仕事をした。搬出が成功してとてもうれしい」と語った。施設局の職員十二人も、現場に立ち会った。

 この日も施設局との交渉が続くと考えていた反対派は午前四時半ごろ、「機動隊投入」を伝える朝刊が届くと、色めきたって対応を協議。平和センターの山城博治事務局長が「排除はされても、負けるのは、われわれを欺いてまで歴史的暴挙を働く施設局だ」と提起し、非暴力を貫くことを決めていた。

 三夜連続でゲート前に泊まりこんだ宜野湾市の川上佳子さん(43)は、「警察も施設局も、何を見て何を守ろうとしているのか」と悔しさをあらわに。他の参加者も「PAC3は戦争の火種になる」「最後は結局、権力で市民の声を押しつぶした」と声を震わせた。

 午前九時半前、ミサイル本体を運ぶ民間会社のトレーラーがゲートを出る際には、機動隊が県道の交通を完全に遮断。長い車列は「特別待遇」で嘉手納弾薬庫に向かった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
地域で頑張る
 「経済格差」の拡大の中で多数の被害者を作り出してきたが、このような中で自然を大事にし、安全食品を提供し、悩んでいる人たちと共に生き、省エネに熱中し、零細企業の下請け脱却と相互ネットワーク作りに邁進している人達がいる。 ...続きを見る
関係性
2006/10/12 16:05
続・とくらさんを応援します
幣ブログは理屈抜きに戸倉多香子さん(2007参院選山口県選挙区民主党公認候補)を応援します。これから何かと大変でしょうけれど、勝利を目指して戦いぬきましょう! 「ぜひとも政治献金をしたい」という人も(少なからず)いらっしゃいますようですから、振込先を教えてください??。 ...続きを見る
喜八ログ
2006/10/12 21:13
安倍政権誕生から北朝鮮核実験報道まで
帰宅してネットやケータイ電話を使って仕事をすることがこのところ多くなってきた。パソコンをもちいて、職場から送ったファイルで作業し報告書や企画書を完成させたり、あるいはファイルを加工したりする、いわゆるメール残業がめっきり増えたのである。かつての風呂敷残業にくらべると、どこでも、手軽にできるように思える。しかし、時間を管理するにはほど遠い。なおかつ仕事と生活の区分はほとんどできない。ついつい「残業時間」がふえ、慢性的な精神疲労に陥りかねない。おそらく今日、こんな状況は誰にでも、どこにでも広がって... ...続きを見る
花・髪切と思考の浮游空間
2006/10/12 21:17
ヤップ伝統建築の素材 & そうだったのね、パトリオット(PAC3)
◎ヤップの伝統建築の素材◎ 今日もどんより曇空が広がって、ときおり、にわか雨が降る中、島内観光に添乗した...とほほ。でも「晴れ女」のお客様のお蔭で、ビミョーに雨を逃れることができ(土砂降りの直後に目的地に到着とか、車に帰ったとたんにザーッと降りだしたりとか)、かんかん照りの観光より楽だったかもしれない。 ...続きを見る
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
2006/10/12 21:18
戦前と戦後の日本
● 「戦前と戦後の日本」 ...続きを見る
晴耕雨読
2006/10/12 21:42
とくら多香子よ、いったい全体何を考えてるんだ。
 今日、「「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」を他山の石として (BLOG ...続きを見る
雑談日記(徒然なるままに、。)
2006/10/13 06:19
沖縄での戦争準備を報じない中央のマスメディア
本当に核実験だったのか、あるいは核実験だったとしても成功したのかどうかさえ定かでない、北朝鮮の「核実験」のニュースで日本中が染め上げられているかに見える時、沖縄にパトリオット・ミサイルが搬入された。これを伝 ...続きを見る
きまぐれな日々
2006/10/13 07:28
5カ月ぶりNLP実施/厚木基地
関連記事はこちらです。 ...続きを見る
内申書制度の廃止を求めます
2006/10/13 13:25
新日本の建設
一、建設の目標 ...続きを見る
晴耕雨読
2006/10/13 21:44
危険水位いっぱい~TT
<参院予算委>ミサイル防衛整備を前倒し 首相が意向表明 「安倍晋三首相は12日の参院予算委員会で、北朝鮮の核実験に関連し「こういう状況をふまえ、ミサイル防衛の整備を促進すべく努力する」と述べ、現在政府が進めているミサイル防衛(MD)システム整備を前倒しする.. ...続きを見る
憧れの風
2006/10/14 01:28
釈放された平良夏芽さんからのメッセージ
*釈放された平良夏芽さんからのメッセージです。 ...続きを見る
地球が回ればフィルムも回る
2006/10/14 12:53
[韓国世論調査]死刑制度を廃止すべきか?
こちらは朝鮮日報の2003年9月28日の記事です。どうやら日本語版には出ていない模様です。それにしても、朝鮮日報も(たまには)いい記事書くねぇ。 ...続きを見る
薫のハムニダ日記
2006/10/14 20:51
死刑囚の自然死
先日の「韓国の死刑制度はどうなっているんだろう?」エントリーに使った韓国語の資料の日本語訳です。 ...続きを見る
薫のハムニダ日記
2006/10/15 15:41
危険水位いっぱい~TT
<参院予算委>ミサイル防衛整備を前倒し 首相が意向表明 「安倍晋三首相は12日の参院予算委員会で、北朝鮮の核実験に関連し「こういう状況をふまえ、ミサイル防衛の整備を促進すべく努力する」と述べ、現在政府が進めているミサイル防衛(MD)システム整備を前倒しする.. ...続きを見る
憧れの風
2006/10/19 02:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
dr.stoneflyさん、こんばんは。

TB有難うございました。あちこちで、HNをおみかけするのですが、ご無沙汰していました。
今後ともお付き合い宜しくお願いします。
これお・ぷてら
2006/10/12 21:30
安い物を手に入れること、格差社会で労働者の人権が切り捨てられることと、戦争はつながっている。そのつながりに気が付かなければ、戦争も差別もなくならない。パトリオット搬入阻止に対峙する警察官も機動隊も、同じ沖縄の人というのが、悲しい。そうやって人々を分断するのも、権力です。平良さんは、本当に偉い。でも、そうやって平良さんをほめて、傍観者でいれば楽です。傍観者がたくさんいても自体は変わらない。傍観者が自分の頭で考えて立ち上がらないと。
非戦
2006/10/13 07:36
これお・ぷてらさん、おはようございます。
突然のTBすみませんでした。貴ブログが気になっていて訪問させていただきました。「髪切」で床屋さんかなと思ってましたが、「カミキリ虫」だったんですね。即rssに登録させていただいたワタシは実は虫好きです。カミキリでいえば、子どもころはやはりシロスジ、今はルリボシかな……。こちらこそよろしくお願いします。
dr.stonefly
2006/10/13 08:36
非戦さん、コメントありがとうございます。感謝です。
前のコメントではつまらぬ戯れ言を漏らし失礼しました。申し訳ありませんでした。
ワタシは、仰せの通り傍観者かもしれない、ただ机上の箱の前に座って平良夏芽の言葉の紹介しかできないヘタレかもしれません。でも、そんなワタシには解るんです。平良のあまりにも分かりやすい、激しく、熱く、正義に満ちた言葉と行動を紹介することで「引く」人がいることも。でもワタシにはそれを責められない。たとえ見てみぬふりをする人がいてもワタシは責めません。人は誰もがそれほど強くはないことを知ってます。今、頑張っている人も何かの拍子で、たとえそれが詰まらぬことでも、躓き、そのまま倒れ続けることがあるかもしれません。それはそれでいいとは思いますが、倒れた者の心情を考えると辛いです。
かといって、平良の言葉を聞いて黙ってられない。だから、まず知ってもらうこと、その上で少しずつでも立ち上がれる人ればいいと思ってます。
やっぱりワタシはどこまでいっても「負け犬」ですね。詰まらぬコメントを繰り返して申し訳ありません。
dr.stonefly
2006/10/13 08:55
dr.stoneflyさん、私は、あなたのことを、「傍観者」なんて、決して言っていませんよ。逆です。私の頭に、今でもというか、毎日、平良さんの言われた言葉の断片が浮かんでくるんです。2時間の間、平良さんは何一つ無駄なことを言っていなかったですよね。それを再現してくだったdr.stonelyさんにこそ感謝です。こんな宝石のような言葉を聴きながら、もし何も考えず、行動しなかったら、それこそ、宝の持ち腐れ、ならぬ罪だと、わたしは自分に言い聞かせています。さっきも、「本当にやさしさは、にこにこ笑っていることではない。必死で、子ども達の上に爆弾が落ちないように、戦争をとめる、つまり基地をなくすことをすることではないか}と言った平良さんの言葉を思い出したところです。結果的に、ミサイル配備を阻止できなかった平良さんたちは、悲しんでいるでしょう。それ以上に、わたしは阻止のために、PCの前に座っているより、飛んで行くべきだったのではないか、もし、s
非戦
2006/10/13 13:12
↑の続き
もし、そういう人が100人増えていたら、いや1000人増えていたら、もしかしたら、本土の新聞は、このことを無視できなかったかもしれない。少なくとも、あの日に、搬入はできなかったでしょう。等と、頭の中で考えている私こそ、なさけないな〜!
非戦
2006/10/13 13:19
非戦さん、すみません。「傍観者」というのは、ワタシの心の言葉です。どうも被害妄想に悩まされ、ひがみっぽくなってます(笑)。
ワタシにできることは、やっぱりまず、知ってもらうことだと思ってます。だいぶ講演の内容を紹介できたと思いますので、一応次回(5)を最終回として、一旦、平良夏芽シリーズを終わりたいと思います。
dr.stonefly
2006/10/13 17:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
「平良夏芽はかく語りき」(4)…国家が国民に牙を剥くとき 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる