毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「いじめと自殺と子育てと」……すべてが教師の責任かなぁ?

<<   作成日時 : 2006/10/18 02:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 11

♪都会ではぁ、自殺する、若者が、増えている〜 今朝来た、新聞の、一面に書いていた〜♪
 昨今では片隅ではなく、一面に載る事件である。でも、やはり、それを読んでいる者のほとんどが、
♪それより、問題は今日の雨、傘がない♪ なんだろう。
 陽水が歌う様に、どこぞの子どもの自殺より、自分のことの方が大切でありしょせん他人事なのだ。だから、……踊らされるままに、あまり感情に走らないほうがよい。なんて言うと「不謹慎である、親の立場にたってみろ!! 真剣に怒っているのだ!!」と叱られるのだろうか。とは言うものの、この担任の教師の実名や、あろうことかいじめてた生徒の実名を晒すアホブログがあり、その軽率さに怒りが向いてしまう。地元でも、おそらく「いじめの連鎖」は起きているだろう。いじめていた生徒が自殺などした日には目も当てられない、と考えないのだろうか。
 と、こんなこと書くと、朝から大声をあげて叫ぶ「みのもんた」やら、涙を流して訴える「ジャストミート福澤」や、つられてTVの前でウンウンと頷いて怒ってる人には叱られそうだな。ワタシの場合は、新聞やNHKでニュースを知ると、とりあえず「みのもんた」やら「ジャストミート」の反応を反面教師としてみる。彼らの感情が盛り上がってる時ほど、言ってることを疑って思考すればまず間違いない。だいたい「ジャストミート」など、この事件から「教育再生改革をはやく進めるべき」と言ってしまう短絡さ。まさにデッドボールがヘッドにジャストミートである。偽善者である。あっ、いや、前言撤回。

 とは言うものの、みのやジャストミートが叫ぶまでもなくで、この担任教師は確かに酷い。さらに、教育委員会や校長の事なかれ主義やら、訴訟を見越した保身への豹変などワタシとて怒り心頭だ。ニュースワイドショーでも、そちらを追及するのはよしとしよう(繰り返すがジャストミートの教育再生改革というのは筋違いで単に害悪なのだが…)。
 しかしだね、教師が悪い!! だとか、教師の資質が云々!! とか教師の志が云々!! というのはどうかな。 まあ、これはあまり言わない方がいいのかもしれないが、亡くなられた中学生の父親が祭壇の前で教師を責めたてるのを見ていて、怒りを共有する反面、もう一人のワタシが「そうかなぁ?」と呟いてしまうのだ。
 今まで、つまり、息子が追い込まれて自殺するまで教師を信用してたの? 激しく怒りをぶつけるほど教師に期待していたの? という疑問である。さらには、なんで、ここに至るまでこの教師を見抜けなかったの? 子どものサインはなかったの?……、と問いたい。父親をはじめ、皆がうすうす気づいているかもしれないが、この父親は自分に対する怒りを教師にぶつけているのではないのだろうか? 責められるべきは自分である、と深層心理では気づいているに違いない。いや、もしかしたらそこに気づかないからこそ……、いやこれは言うまい。

 自殺した子のこの両親は、よっぽどいい教師に恵まれてきたのだろうか? ワタシなんぞ、まともな教師に出会ったことがほとんどないので、頭っから疑ってかかっている。なかでも小学校4年、5年の担任は酷かった。朝から晩まで「糸こんにゃくで首つって死ね」「豆腐の角に頭ぶつけて死ね」と生徒に言い倒し、気分次第でワタシのような出来の悪い子を吊るし上げ、出来の良くかわいい女の子なんぞ贔屓の引き倒しである。こんど会ったら絶対に糸コンニャクで首を絞めてやろうと思っているのだが、もう会う事もないだろう。会いたくもない。小学校から高校まで12年間、あらためて思い出してみても、まあまあそこそこ普通という教師が3人くらい、あとは棒にも箸にもかからない。どころか害悪である教師がいかに多かったか……。
 おかげで、教師などまずは疑ってみるもんだという学習はきっちりされたのだが……(くぅ〜、寂しい〜)。

 冒頭で「他人事」などと言ったが、学校とかイジメとかいう部分では、やはり余り他人事ではないのだ。愚息が小学校1年生だからである。これからどんな教師に会うか解らないし、どんなイジメに会うか解らない。親と似ずに繊細なとこがあるからイジメられるかもしれない。やはり子育ては大切だと思う。
 今の担任は何となくよさそうだが、細かなとこまで知らない。まあ子どもの話を聞いていると笑顔で「好きだ」と言っているので良さそうである。いまのとこ「元気ないたずらっ子」はいたが、子ども同士のイジメもなさそうだ(発達段階を考えても小学1年ではイジメはないか)。ところが以前記事にも書いたが、クラスの子の親たちが率先してイジメをしているわけで、親たちがこのメンタリティを維持するとゆくゆく子どもの間でもイジメもでてくるだろう。いや出て当然だと思う。いやいや出ない方が不思議だ。
 ほぼこの親たちが替わらずに6年生までいくことになるのだが、「イジメ」が発生すれば親たちの責任が大だと考える。あくまで想像だが、イジメに起因するだろう親たちは、みのやジャストミートを観てウンウンと頷いて感情を丸出しにしている親だろう。ついでながらいうと、みのやジャストミートを観てウンウンと頷いている教師も相当怪しい。

 じゃあイジメが発生することが分かっているクラスで、具体的にどう我が子を育てるかという、話になるのだが……。まあ「戯れ言」の読者はワタシなんぞが言う迄もなく、それぞれが確固たるものを持っていて実行しているのだろうし、または確固たるものを持っていて適当に流しているだろうから、あらためて言う必要もないか。
 あ、でも興味があるので聞いてみたい。たとえば今回の「いじめ自殺事件」なんかをどうやって子どもと話しているかを……。


■以下転載■

抗議や中傷が殺到=メールと電話2500通超−中2自殺で福岡・筑前町

 福岡県筑前町立三輪中学2年の男子生徒(13)のいじめ自殺問題で、同町役場にメールや電話が殺到、17日までに2500通を超えた。大半が町や不適切な言動をしたとされる元担任への抗議や中傷だという。
 町によると、メールや電話は問題が大きく報道されるようになった14日から届くようになった。「教委は何をしているのか」といった内容に加え、元担任を挙げて「早く辞めさせろ」「一生懸けて償え」などの抗議が多く、中傷もみられるという。 
(時事通信) - 10月17日22時0分更新



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
抜け出す第一歩は「隷属の認識」
国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないようにしてきた。 ...続きを見る
晴耕雨読
2006/10/18 14:42
愛だろ、愛。
子どもとこんな話をした。 子:学校いきたくなーい。だって朝から体育だもん。 おこじょ:体育しないと運動不足になるでしょう。 子:なんで鉄棒しなきゃいけないの。将来何の役にもたたないじゃん。 おこじょ:たしかに、大人になって鉄棒が役に立ったことってないけど。でもさ、ほら腕の力を鍛えるとか、そーゆー意味があるんだよ。 子:じゃあ、鉄棒の代わりに腕立て伏せでもいいじゃん。どーせ校庭に鉄棒があるから、それをやりゃいいってだけなんだろうが。 おこじょ:たぶん、文部省が指導要領に鉄棒をやらせろって書いてるん... ...続きを見る
tsurezure-diary
2006/10/18 15:43
いじめ自殺問題の本質(1)
 いじめを原因とする痛ましい自殺事件について,いろんな所で議論がなされているが,私ごときがここで少しぐらい考察しても何の役にも立たないことはわかっている.しかし,その議論の方向がどうも気に入らない.なんか本質からずれていくような気がしてならない.「本質」とはおこがましいが,議論の行方について私なりの疑問を問いかけたい. いじめ自殺事件はここんとこしばらく鳴りを潜めていたような印象を持っているのだが,一度生じると相次いで起きてしまう.どうも,この種の事件はそういう特質を持っているようだ.ひょっとし... ...続きを見る
アルバイシンの丘
2006/10/19 01:01
【転載歓迎】重大情報!共謀罪は10月24日法務委員会法案審議冒頭に強行採決か!?(海渡弁護士)
(★引用開始★) ...続きを見る
喜八ログ
2006/10/19 16:39
イジメは現代のルサンチマン?!!〜福岡中2いじめ自殺は教師が悪いの?〜
教師によるイジメ?!!が問題になぅているようだが、報道されている教師による言動がいじめ?ならば!それらは昔からあったように思う。 その場を繕うためにイジメられる側もニタニタと笑ったり、明るく装い精一杯のノリでボケたり、一緒になって自分も笑ったりして、誤魔化すことはよくあり、そうしたことから深刻に感じとらないことが多々ある。 そういうことは昔からよくあった。 ...続きを見る
偽善者キツィこのブログ
2006/10/22 00:27
ハッ?
福岡県教委、いじめ把握を見直し 少ない報告を疑問視(朝日新聞) 調査は、学校の報告を都道府県がとりまとめ、文部科学省に伝える方式で実施している。 とのことなのだが、一体、どういう規準で「いじめ」認定してるのよ? 傷害事件や恐喝事件として警察が介入したもの.... ...続きを見る
かめ?
2006/10/22 18:06
いじめで自殺するぐらいなら・・・・ってこれはちょっとやりすぎでしょ 
確かに、目には目を・・・という言葉がありますし、いじめる側に何らかの問題があるのですがちょっとこの文章は過激ですね。イジメ自殺が社会問題となっている。新聞でもテレビでも識者と称する恥知らずたちが、おためごかしの助言を垂れ流して小銭を稼いでいる。イジメに... ...続きを見る
うつ病を克服し、ストレスフリーな生活を手...
2006/11/26 20:55
校3男子同級生いじめ認める〜不登校と戦う
今朝も大きな見出しで校3男子同級生いじめ認めるというニュースが新聞をにぎわわせていました。いじめられていじめられて死なねばならなかった男の子の心情を思うとやりきれなくなっってきます。どういったことにせよ「いじめはいけない!」という事はみんな... ...続きを見る
不登校と戦う〜母をなめるな!
2007/09/21 15:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に酷い事件です。
いじめた教師、生徒達を処罰しただけでは、解決もこれからいじめをなくすことなんか出来ない、というのが、現実かと思うと、暗くなりますね。
わが娘も、小1で転校したとき、明るかった子なのにいやに大人しくうつむいて帰ってくるからおかしいなと思ったら、級友が靴を隠したり後ろから叩いてきたりすると、言いました。すぐ、担任に話をしした。その級友は、気を引くためにやった、と言いました。本当かどうかわかりせんが、その後、そういう行為はなくなりました。そして、その子とわが子は、友達になりました。これはよかった例ですが、今の子どもたちが学校の様子を話しているのを聞いていると、集団で一人の子に言葉の暴力を振るっているように見えます。そこに教師が加われば、逃げ場がないですね。漫画家の石坂啓さんが、「学校に行かなければ死ななかった子供」という本を書いています。この本を、親子で読んでもらいたいな、と思いました。
非戦
2006/10/18 10:50
いじめのこと、生きるといこと、教育や学校のこと、マスコミのこと、いろいろ考えさせられる事件です。
ところで、子どもにとって「学校」というのは時間的にも空間的にも大きな位置を占めると思います。実は「学校」なんぞ、現実の世界、さらには思考の世界までいれれば、実にちっぽけなとるにたらない場所ですね。事件のような環境を考えると害悪でしかないでしょう。何故そこに通わなければならないかを親も子も考えなければならない、と考えてます。
わー、また訳のわからぬコメントを書いてしまった。壊れているからお許しを……
本の紹介ありがとう。どこぞで手に入れて読んでみたいと思います。
dr.stonefly
2006/10/18 13:09
本の題名を訂正しますね。ウィキペディアが、間違いで、次のが正しいです。ウィキペディアよ、間違わんといて。

***********************

学校に行かなければ死なずにすんだ子ども / 石坂啓

つまらない常識や習慣にとらわれていませんか?学校だって無理に行く必要はないのでは。学校に不安や疑問を持っているすべてのおかあさんへ。すぐに役立つ学校とのつきあい方と子育てのヒントがある。

幻冬舎
1,575円 (本体価格1,500円)








非戦
2006/10/18 14:53
次世代を担う人間を育成するという情熱もなければ気概もない どうして命をつなぐと言う作業が出来ないのか? 類・族の大きな流れの中の一刻を生き次につなぐ崇高な使命を!人間が餌とする動植物さえ 黙々と強い種を残すため命を績いで居るではないか!人の命は「地球」より重い、なんて教育する教育者も政治家も国民も、間違っていないか?! 学者や評論家・解説者みんな後出しジャンケンだ、TVを見ながら戦争は怖いとか 残虐だとか ご託を並べ 偉そうに 自分は安全地帯にいながら、 学者の米作り(屁理屈をこねまわしどうしたら多くとれるかと議論をし続け田植えをしない)と同じである 何の収穫もない、 用は実行有るのみだ。自分のこと、家族のこと、地域のこと、国のこと、世界のことを真剣に考えよう、屁理屈や、神学論争をもう止めようよ。   
tabito
2006/10/18 21:59
いじめ問題は難しいですね。学校が行かなければならない場所という事が子どもを追い込むんでしょうね。べつにやだったらいいや!そんな気軽な場所になってほしいもんですが。現在の教育界には無理でしょうね。それにしても事件とは別にしても愛知県の教育界はひどいね!ほとんど子どもは奴隷だもんね。きっと奴隷をいっぱい作って将来ト○タで働かすんだろうね。教師も使命を持って働いてほしいもんです。期待するだけ野暮かな。
ハック
2006/10/18 23:33
こんにちは。核実験後の出来事の連続に、かなり頭が混乱したままです。どの問題も子どもと話しをするには、かなり難題です。自殺を食卓の話題に乗せることも。親もそれなりに腹を据える必要があると思います。親も社会も国家も毎日いじめの関係の中に生きていて、自殺や学校の問題と繋がっているのですから。私は、学校制度や学校的価値などくそ食らえで、学校や地域社会や国などの集団や仕組み(組織)は、人を排除したり、死に追いやる「もんだ」と唾とばしています。人間は集団の中で利害によって豹変するということも。無自覚な良心的な教師や親集団(とその子)の中で私の子は暮らしています。一人ひとりの「先生」がどんなに良い先生であっても、学校・学級はファシズムの温床(とはいわず、目立つと刺される集団)だから、その関係の中に巻き込まれると加害者にも被害者にもなることを、子にも伝えています。ダメオヤジは、PTAや子ども会に入っていません。親が学校を相対化できれば、子も自分自身で考えるようになると思っています。
ダメオヤジ
2006/10/19 03:46
非戦さん、1575円かぁ、薄給のワタシには微妙な金額だなぁ(笑)。古本を探ってみます(再笑)。あ、笑ってちゃいけない話題だった、失礼。
dr.stonefly
2006/10/19 14:22
tabitoさん、はじめまして。
ちょっとワタシとは感性がちがいそうですが、気持ちはわかります。
dr.stonefly
2006/10/19 14:23
ハックさんのコメントを読んでいて、思い出しました。
愛知県でも特に豊田市および周辺市町村は、学校の地域も「すごり」らしいですよ。何が「すごい」かって? とにかく「すごい」らしいです。またネタが溜まりましたらupしたいと思います。
dr.stonefly
2006/10/19 14:26
ダメオヤジさん、いつもありがとう。
子どもの年令によって、話かたも変わってくるのかもしれません。小学校1年の息子に説明するのはむずかしそうです。記事には冷たく書きましたが、息子の学校に関してまだ大きく失望することもおきてません。これから現実を知るのかもしれませんね。
学校の関係だけでなく、>人は容易に被害者にも加害者にもなる。ことは常に意識しつつ自分にも子ども言い聞かせていかなければと思ってます。
dr.stonefly
2006/10/19 14:33
小学校1年生のお子さんの父親を脅すわけではないのですが、決して脅すわけではないのですが、ホント脅すつもりはないのですが。
トラックバックさせていただきました。
現役高校生の、ナマの声です。
gegenga
2006/10/22 18:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
「いじめと自殺と子育てと」……すべてが教師の責任かなぁ? 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる