毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ボクたちは、川の流れになって」…流れている限り腐ることはない

<<   作成日時 : 2006/09/24 11:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 大変申し訳ありませんが、別掲予定の都合により公開を一時中止させていただきます。
2007.2.20

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これはまた、がらっと趣が変わって、素敵なエントリーですね。あなた、新自由主義の世の中には珍しい、まっつぐな人ですね。気持ちがいいです。お知らせいただいた平良事件に関しては、ソッコー、逮捕は不当である直ぐに保釈せよとの抗議コールを送りました。またリンク貼らせていただきました。これからも、共闘よろしく!
BLOG BLUES
2006/09/26 18:44
まったく反応のなかったエントリーで、クリック数も伸びなかっただけに褒めていただき、うれしいです。しかもBLOG BLUESさんだったことが正直意外でした。
ワタシは決してまっつぐでなく、どちらかというと屈折しまくってます。負けだらけの人生を歩んでますから(運動関係も…)。
しかし、これからの「負け」はニホン沈没を意味するので、できることはやっていこうと思ってます。こちらこそ共闘、連帯よろしく。
平良の抗議コール、リンク、感謝です。
dr.stonefly
2006/09/27 01:24
あらためて読み返して。おっ、中島みゆきじゃん、と思いました。♪〜ファイトぉ 闘うきみのうたを 闘わないや奴らが笑うだろ ファイトぉ 冷たい水の中を 震えながら 上ってゆけえ〜
BLOG BLUES
2006/09/28 02:55
そうです、ファイトです。 もう闘わない奴らも笑えない時代です。(奴らってのは失礼、歌詞ですから……)。
格差、棄民の新自由主義の「おぞましさ」に気づいた者から連帯して闘うしかありません。 ブログには、繋がり合う「力」をまだまだ秘めている。ブログの総数からしたらまだまだ です。
「運動」「連帯」「共闘」など耳にもしたことがないブロガーも、実は「おおぞましさ」に襲われようとしている。
最近、保育園児の親が気づきはじめました。
「おぞましさ」に気づいたものが力を合わせていきましょう。 ファイト!!
dr.stonefly
2006/09/28 08:19
こんにちは。今月は老母の施設入所(特養が300人待ちなので有料なんとかに緊急入所です)と自分の職場の引越が続きバタバタでした。
ところで、その後のご子息大丈夫?お具合は? 「一時」のがまんですから、なんとか自重するように・・と願っています。
我が家でも、親の意識が老母に向かうと、必ず小さい子どもは熱を出します。理由はないのです。老親が入所した翌日から1週間40度を彷徨いました。けなげなものです。待ってくれていました。いつも子どもたちに言うのですが、その時々、一番弱い者を優先しなさいと。現実の生活ではそう簡単にはいきませんが、そうありたい、あってほしいと自戒&願いつつです。そんな政治であってほしいとも思います。
子どもはあっという間に小生意気になって、オヤジに蹴りを入れるようになり、オヤジはついてくるなとのたまいます。一緒にいられるときは短いです。何かをするということではなくて、無条件に一緒にいることをお勧めします。それが将来の「連帯」や「共闘」につながることもあると思います。
ダメオヤジ
2006/09/29 16:39
ダメオヤジさんお待ちしておりました。
お母上のお世話お疲れさまです。ワタシも遠くない将来、老父母の世話をすると思います。
今、子どもは左腕にギプスを巻き不自由な生活を送ってます。愚痴もいわず笑顔で生活しています。ここぞとばかりに身体障害者など生まれつき体が不自由で、ずっと不自由ってどんなことかわかる? などと話などしていますが、多少考えているようです。
>その時々一番弱い者を優先しなさい
そうですね。でもやはり熱を出すのが子どもの本音なのかもしれませんね。ワタシも子どもとは、なるべく一緒にいるようにしてます。将来の「連帯」「共闘」に繋がりますように……。
いや「子育て」そのものが既に「共闘」なのかもしれません。そんな気がしてきました。
dr.stonefly
2006/09/29 18:24
こんばんは。
子どもたちは、きょうだいや親をしっかり見つめて大きくなっていきます。
だから、親であるダメオヤジは、筋を通して生きたいと思っています。
立って半畳、寝て一畳、親子や人間の間で、大切なものは何か? 親子で一緒に考え続けていければと思います。
少し古いけれど、高田渡でしたっけ? 自転車に乗って、自衛隊に入ろうって???
その昔、家の近くの市民センターで、なぎらけんいちと、酔っぱらって歌っていました。ギャヤより高い交通費・・・「何か」と引き替えることなく、考え、問い続けることが大切だと思います。わかったと思うときは、思考停止状態だと自戒し続けていたいと思います。
ご子息の回復、祈念いたします。
ダメオヤジ
2006/09/29 21:10
>わかったと思うときは、思考停止状態だと自戒し続けていたい
いつも、教えてくれてありがとう。
まったくその通りですね。しかしそこに陥りやすい。
ワタシも自戒し続けます。
愚息へのお見舞いの言葉、感謝です。ありがとう。
dr.stonefly
2006/09/30 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ボクたちは、川の流れになって」…流れている限り腐ることはない 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる