毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「吉牛、狂牛丼の復活」とアベを支持する人々

<<   作成日時 : 2006/09/18 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 4

 買い物にいった帰りである。いつも行列ができている噂のラーメン屋の前に人影がなく、「ブームも去ったのかなぁ」などと話していたら、その5軒どなりに、いきなり人だかりが見えた。信号にひっかかり、何だ、ナンダ、旦那がなんだ、とよく見るとオレンジの看板の下である。あっ吉牛だ。ははーん、さては牛丼が復活したなぁ、と家に帰ってからお昼のニュースを見ると案の定だった。

 しかしなぁ、復活したといっても「狂牛丼」だぜ、よく食うよな。「無知」と「無思考」と「無責任」のなせるワザなのだろうが、何年後、何十年後かに発症したとき、どうなるのだろうと考えてしまう。今はどうせ無責任にも、「自己責任で食うんだからほっといてくれ」と言うんだろうが……。
 ワタシとしては、店のまえに群れる発病をおそれずに狂牛丼を食う人々も、どこぞのチェーン店で焼肉を食う人々も、スーパーで狂牛を買う人々も、やはり全てが「自己責任」で、たとえ発病しても、アメリカの圧力に負けて根拠無く狂牛を再輸入した政府を責められない気がする。つまり、ヒ素ミルクや薬害エイズのように本人が知らずにまたは騙されて摂取したものと大きく性質がことなり、おのれらは政府や行政の責任を追及しちゃいかんだろう、と切捨てたい。そんな気持ちである。
 しかしだね、いくら狂牛を食わないように注意しても、以前にも書いたが、給食にでるとか、肉という形ではなく狂牛エキスの混入したものを食わされたりする可能性もある訳で、やはり誰かが発病したときは、政府の責任を追及することになるだろう。どんな経路で摂取して発症したかなんて何年も先にはわからないからだ。
 そう、実際に病気が蔓延したときに吉牛の狂牛丼を自ら並んで食ったものと、狂牛を食わないと決心したのに、知らずに摂取させられた者の線引きは難しいだろう。
 しかしいま「自己責任」で狂牛を食うんだという人々の、その行為が、供給を拡大させ、知らず知らずのうちに狂牛を輸入拡大させるのに加担していることを知らなければならない。その「無責任」は「自己責任」だからと言い切れないことを考えなければならないだろう。

狂牛を食う人々は政府の無責任さを認め、狂牛が蔓延することに加担しているのだ!!

怒りに視点が定まらずにいると、なんだか、吉牛のまえに群がっている人々がアベを支持する者のように見えてきた。「無知」「無思考」「無責任」にアベを支持して、ニホンが発病することに加担している。わずかながら摂取しない可能性も残っている狂牛と違って、ニホンに住んでいる以上、アベの毒を摂取しないことは不可能に近いぞ。いくら食べたくないと言っても、無理矢理食わされるんだからな。
 しかも、この牛は「狂牛病」の「疑い」ではなく、あきらかに狂………。
 しかも狂牛とちがい、発病するのは分かっている。それで命を落とすかどうかは、闘病生活しかないのだ。

はじめから苦しい闘病生活をしなければならないとわかっていて、それでも食うのか!? と、強くいいたい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
厚生労働委員会・農林水産委員会・議員名簿
「厚生労働委員会・農林水産委員会・議員名簿」 ...続きを見る
喜八ログ
2006/09/18 16:22
The Dark Side
昨晩、NHK・BS1で放送していた『BS世界のドキュメンタリー「それは9.11から始まった −ブッシュ政権&ldquo;対テロ戦争&rdquo;の内幕−」』を見た。午後10時過ぎという、私の就寝時刻をとうに過ぎた時間帯の放送& ...続きを見る
愚樵空論
2006/09/19 04:43
米国はエネルギー戦略で中国とロシアに挟み撃ちに
 米国は、ペルシャ湾岸、中央アジアのカスピ海、アフリカなどの石油などのエネルギー資源戦略において中国とロシアに包囲されている。  米国はブッシュ流の“民主主義”の名の下に高価なイラクの政権交代を強行したがその背景にはグローバルなエネルギー戦略があるといわれる。  ブッシュ大統領は、さる5月28日、ウエスト・ポイント陸軍士官学校の卒業式で「米国の安全は特に中東において民主主義の積極的推進にかかっている。このメッセージはダマスカスとテヘランにも伝わっているはずだ」と述べた。  しかし、最近起こってい... ...続きを見る
晴耕雨読
2006/09/19 10:46
河野太郎議員の「ふざけるんじゃねえ」
衆議院議員河野太郎氏が自らのブログ「 河野 太郎" href="http://www.taro.org/blog/" target="_blank">ごまめの歯ぎしり」で、竹中平蔵大臣の参議院議員辞職を全面批判しています。当該記事「ふざけるんじゃねえ」を全文引用させていただくこととしました(... ...続きを見る
喜八ログ
2006/09/20 12:53
外食できなかった「外食の日」
共謀罪が、また危険域に上がってきて、あまり話題は散らしたくないのですが、あまり日が過ぎても何ですので。外食の日(11/23)は、適当な店が思いつかず外食できませんでした。勿論、牛のせいです。 皆様の外食対策を是非教えてください。(牛さん、聖蹟桜ヶ丘でレストランを始めたんですね。遠くて食べに行けません。マル適マークみたいなもの作って、推薦店に張ってもらってください。) ...続きを見る
散策
2006/11/26 10:02
アメリカ牛を信用してもいいの?
カテゴリ、「怒り」に分類しましたけど、別に怒ってないです。 BSE問題が騒がれてから、アメリカ牛は、はっきり言って、まだ恐いです。 つい先月でしたっけ?輸入されてきた牛丼用の牛肉に骨髄が混入されてたニュースもありましたね。 狂牛病(牛海綿状脳症)とは、ウイルスの病気ではなく、たんぱく質の一種のプリオンというのが正常なものとは立体構造が異常なプリオン蛋白からできているもの。日本では脊髄、背根神経節を含む脊柱、舌と頬肉を除く頭部、回腸遠位部(小腸のうち盲腸との接続部から2メートルの所まで)が特定危険... ...続きを見る
大丈夫。がんばろうね!renewal e...
2008/05/25 04:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この問題は難しいですね。
狂牛を喰らうのは自己責任とはいえ、幾重にも繋がっているこの社会、自己責任では完結しない問題も多々あって、それはご指摘の通りなんですが。

たとえば私なども自動車を運転しますが、これとてもドライバーの「自己責任」で全てが完結する問題ではないですよね。交通事故で無関係な人を巻き込む危険性があるだけなく、排気ガスを撒き散らして環境を悪化させる。でも、そういった危険性も含めて今の社会では容認されています。
おそらく狂牛も容認されていく流れになるのでしょうが...、でも、やっぱり納得いかないところが残りますね。
愚樵
2006/09/19 05:29
おはようございます。 そうですね。やはり「自己責任」では完結しないでしょうね。狂牛だけでなく様々な繋がりが不可避で、そんなとこから「社会」や「国家」ができていくのでしょうか。ご指摘にありました「自動車」しかり、さらには原発による電気しかり……。しかし、それにしても「社会」「国家」の責任もさることながら 個々の意識をたかめなければ、「社会」「国家」としての問題の解決にも至りませんよね。
「国家」は、「無思考」な態度、つまり吉牛を食う国民、アベを支持する国民をみて「愚民政治」を行う。やりきれません。
dr.stonefly
2006/09/19 14:12
はじめまして。
あるブログのコメントに引用させていただきました。
事後報告ですみません。
http://yocchan-7192.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_71c7.html#comment-50461203

たんたん♪
たんたん♪
2008/05/06 15:06
たんたん♪さん、はじめまして。引用は結構ですよ、結構ですが、

全国何百万(?)の吉牛フリークからの攻撃がおそろしいやぁ(爆)
dr.stonefly
2008/05/06 15:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
「吉牛、狂牛丼の復活」とアベを支持する人々 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる