毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「靖国神社」…小泉劇場・8.15参拝の巻

<<   作成日時 : 2006/08/15 11:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 11

これが最後の舞台(やすくに)だから8月15日はボクの記念日

 8.15、最後の舞台を逃すまいと、自己陶酔のヒーロー・コイズミは好戦ナショナリズムの舞台である靖国神社で一人芝居を演じた。人はこれをパフォーマンスと言う。で、彼のパフォーマンスは成功したようだ。NHKを始め民放もすべてがコイズミ劇場を中継し、国内のみならず韓国、中国、米国各国から反応を得られた。

 ジニンヒーロー・コイズミはほくそ笑む。

 ブーイングだろうが、絶賛だろうが、どうでもいいのさ。とにかくみんながボクの事を注目してくれたのだから。最近ではポスト、ポスト、ポスト小泉っていわれる。確かに郵便ポストを売り飛ばしたのはボクだけど、ポストってのは、郵政のことじゃなく、ボクの後釜のことだって最近、気がついたんだ。9月まではヒーローなのにポストなんて、ちょっと寂しいボクちゃんに最後のチャンスがやってきた。これまではみんなに反対されていたから仕方なくいろんな日に演じたけど、今度こそボクは8.15に舞台に立つたのだ。ボクは嬉しくて仕方ない、みんながボクを観ていてくれる。
 え、中国、韓国との外交だって? だから外交じゃないの、ボクのための舞台なの。どうしても外交を気にしろってなら、そんなもん「ボクは中・韓との友好論者なんだ」って言っときゃ、それで済むでしょ。向こうが勝手に怒ってるんだって言っときゃいいの。ボクはわだかまってないのに何を勝手に怒るんだよぉー、なんちゃって。侵略戦争ってたって、ボクにとっちゃリアリティないし、もう大昔のことだし……。だいたいブッシュの兄貴がなんにも言ってないのに、アジア辺りの大人げない奴ら相手にすることないさ。ボクちゃんにはアメリカっていう強ーい兄貴がいるんだもん。でもさ、ホントのこと言えば、中国や韓国が大げさに怒ってくれないと、ボクの最後の舞台が映えないもん、計算通り怒ってくれて感謝だよ。
 国内でも怒ってる(批判してる)人がいるっていうけど、これまた、怒ってる人がいなけりゃ盛り上がらないから大歓迎さ。舞台にたつのは年に一回だけで、いつ舞台にたっても盛り上げて(批判して)くれるけど、やっぱ、8.15の舞台がいいね。だって一番盛り上がるじゃないか。「過去の戦争を反省しつつ、二度と戦争はしない」って言っとけばいいだろ。そりゃ「広島」や「長崎」の田舎じゃ、さっぱりやる気が起きなかったけど、遠いし……、10分で行けて10分で演じて10分で帰れる靖国はいいねぇ。注目度も違うし。A級戦犯が祀られているって、怒ってるみたいだけど、ボクちゃんには関係ないよ。だってボクちゃん「分け隔てなく戦没者みんなのために哀悼」してんんだもん。ちゃんと「『祖国』や『家族』のために命を投げ出さなければならなかった人」って言ってるだろ。ホントは「『国家』が命を投げ出すように仕向けた」んだけど、どうせボクがやれって言った訳じゃないからね。A級戦犯のせいにしとけば済む事だし。これは口に出しては言わないけれど、「英霊」として美化する靖国神社を舞台にすれば、次も「祖国」や「家族」のためなんて、命をなげだす人がでてくるでしょ。「愛国心」「愛国心」ってね。
 そうそう、ほらっ台本をみてごらん、ここに「総理大臣である人間・小泉」って肩書きが書いてあるでしょ。総理大臣だったり個人だったりするけど全てが役者コイズミなの。公人とか私人を使い分けてるわけじゃないの役者なの。公人だろうと私人だろうと総理大臣だろうと人間だろうと自由自在なの。好きな時に好きなように言っとけばいいのぉ。
 5年目にして8.15という一番の大舞台に立てた。ボクちゃんの「心」も非常に満足しているの。そう全てはボクちゃんの「心」の問題なの。ボクちゃんの「心」が満足すればそれでいいの。死ぬ前に大輪の花を咲かすことができたわけだし、これですっきりしたわ。

後のことはボクちゃんと関係ないもーん。


◆以下転載◆

<首相靖国参拝>61年目に騒然 祈りの日、賛否の思い交錯

 61回目の終戦の日を迎えた15日朝、一段と強まる雨の中、小泉純一郎首相は靖国神社を参拝した。01年自民党総裁選での公約を優先して、任期中最後の8月15日を参拝の日に選んだ首相。その姿を、靖国で、広島や沖縄で、中国、韓国で、さまざまな思いとともに見つめた人たちがいる。靖国は、午前9時段階で前年比5倍の1万835人、昼を過ぎても「昨年よりかなり多い」と職員が驚くほどの参拝の列が続く。騒然とする中での慰霊の日となった。
 ◇早朝
 午前5時半、靖国神社の神門前。小雨が降り開門前にもかかわらず、参拝者と報道陣が詰めかけている。警視庁調べで計約500人。大阪市旭区の無職、觜崎(はしざき)弘子さん(70)は「これまで4、5回参拝しているが、8月15日は初めて。小泉首相にはぜひ参拝してほしい。あの戦争で亡くなった多くの人たちを弔ってほしい」と話した。
 午前6時、ゴロゴロと音を立てながら神門が開き、参拝客らが境内になだれ込むように入って行った。
 神社から約500メートル離れた千鳥ケ淵戦没者墓苑は、午前6時半に開門した。待つ人はなく、次々に訪れる人が静かに祈りをささげた。さいたま市の会社員、近藤克行さん(31)は、大学時代に平和について学び、この日に毎年訪れるが、靖国神社には行かない。「A級戦犯と純粋な戦争犠牲者に、同じように手を合わせて平和祈願はできない」と言う。
 ◇首相参拝
 午前7時41分、沿道の人々が日の丸の小旗を振り、報道各社のカメラが待ち構える中、小泉純一郎首相を乗せた車が到着殿の前に止まった。黒のモーニング姿の小泉首相は、口を真一文字に結び、厳しい表情で殿内に入った。
 旧日本軍の中国・山西省残留兵士問題を問いかけたドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」の監督、池谷薫さん(47)は、参拝を目の当たりにし「『蟻の兵隊』に出てくる元兵士たちは、国に捨てられた人たちだ。小泉さんが心の問題と言うのなら、彼らの気持ちもそんたくして欲しい。中国残留を命じた上官が祭られている靖国に『一緒に祭られるのはまっぴら』と言う元兵士の気持ちはよく分かる」と語った。
 練馬区の主婦、八木美穂子さん(43)には、フィリピンで戦死した祖父がいる。「参拝についていろいろ言われているが、未来を担う人間に何かを考えてほしかった」と2人の子供を連れて来た。二男の小学校6年、啓佑君(11)は「境内で賛成・反対と声が飛ぶのを聞くと、ひいおじいちゃんの亡くなった戦争は正しくなかったのかもしれない」。
 ◇秋田・土崎港
 小泉首相が参拝を午前7時48分に終えたころの秋田市土崎港。61年前の8月14日夜から15日未明にかけて「最後の空襲」で、市民ら約260人が亡くなった。体験者らで作る市民団体「土崎港被爆市民会議」の高橋茂会長(76)は自宅で「終戦の日は生き地獄を体験した翌日。生存者が戦争という過ちを繰り返すまいと誓い合った日だ。参拝は許されない」と静かに語った。
 ◇韓国・ソウル
 韓国・ソウル。金希鍾(キムヒジョン)さん(81)は、誤って靖国神社に合祀された韓国人。太平洋戦争で強制的に動員され、サイパン島で重労働の日々を送った。米軍の攻撃で島は陥落。捕虜になり、米本土各地の収容所で綿花摘みなどをし46年に帰国した。
 靖国神社の合祀名簿に自分の名前があることを韓国メディアから知らされたのは今年5月。同神社と交渉、外してもらうまで2カ月かかった。「韓国人戦没者をA級戦犯と一緒に合祀するのはひどい。首相参拝を見ても、日本が本気で平和を祈ったり、韓国人戦没者を慰霊する真心があるとは信じられない」と考える。
 ◇中国・北京
 午前8時(現地時間同7時)、中国・北京。日本政府や関係企業に戦争賠償を求める「中国民間対日賠償請求連合会」の童増会長(50)は「中国庶民の感情を全く考えていない。第二次大戦で傷つけられた国に対する挑発だ」と怒りを抑えながら語った。尖閣諸島の中国領有を主張する「中国民間保釣連合会」の会長も兼ねる童さんは「我々の実力を見下している。中国や韓国と日本の関係は間違いなく悪くなる」と話した。
 ◇沖縄
 「国民の代表である首相が参拝したら、私たちも参拝したことになる。許せない」。午前9時、沖縄靖国訴訟原告団副団長の川端光善(こうぜん)さん(70)は沖縄県八重瀬町の自宅で語った。45年の沖縄戦当時は9歳。6月初め、一家で避難していた壕(ごう)に米軍の砲弾が直撃し、兄が即死。数日後に母も砲弾の犠牲になった。靖国神社に祭られた2人の合祀(ごうし)取り消しを求める川端さんは沖縄戦を「国家犯罪」と言う。
 ◇広島
 午前10時40分。広島市の原爆ドームの水彩画を22年間描き続けている原広司さん(74)=同市安芸区=は、1789枚目をスケッチしていた。原爆が投下された45年8月6日は広島県・江田島のおばの家にいたが、翌7日、広島市内の学校に登校して被爆した。「『核兵器は絶対悪』というドームのメッセージを次世代に」と考え、好きな絵を描き始めた。首相参拝を「誤った戦争で原爆が落とされた。A級戦犯が祭られている靖国神社への参拝は誤った戦争の肯定だ」と批判した。
(毎日新聞) - 8月15日15時16分更新

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
靖国参拝はアメリカの意志なんですぅ!
私は一生懸命自分の意志で行ってるように演じているだけです。へへへなかなかの名演でしょう。小泉劇場のトップ俳優はなんと言っても私でしょう?職務として行ってるのではないなんてまっかな嘘です。職務でなければ寝てるよ ...続きを見る
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
2006/08/15 12:41
ネズミの喰い散らかし!
「「靖国神社」…小泉劇場・8.15参拝の巻」について 過去五回、公約を破り続けた小泉首相が、やっと本日、靖国を参拝した。『意地は通したので、後はヨロシク〜』参拝である。 ...続きを見る
九条を考える
2006/08/15 14:48
『ロッキード事件「葬られた真実」』
「ロッキード事件の真相とは何か。そして、その事件の真相を闇に葬った真犯人は誰なのか」という戦後史最大のミステリーに挑んだ一冊。読み応えがありました。 ...続きを見る
喜八ログ
2006/08/15 20:54
国際正義への挑戦 〜小泉の「8.15靖国参拝」を評す〜
小泉首相が靖国参拝 終戦記念日は21年ぶり(共同通信)というニュースを見るまでもなく、朝っぱらから今日のテレビはどこでもこの中継で騒がしかったですな。== ここから転載 ===================小泉純一郎首相は15日午前、東京・九段.... ...続きを見る
ザ・のじじズム
2006/08/15 21:53
小泉首相、靖国神社参拝…現職で15日は21年ぶり
小泉首相は終戦記念日の15日朝、東京・九段北の靖国神社を参拝した。 本殿に昇り、首相名で記帳した。首相は2001年の自民党総裁選で8月15日の参拝を公約したが、従来は中国、韓国などに配慮し、日付をずらして年1回参拝してきた。在任中の最後の参拝で公約を実現し、靖国参拝批判に譲歩しない姿勢を明確にした。 現職首相の8月15日の参拝は1985年の中曽根首相(当時)の公式参拝以来、21年ぶりだ。中韓両国は強く反発しており、9月の自民党総裁選で靖国問題が大きな争点となるのは確実だ。 小泉首相の... ...続きを見る
所謂雑感
2006/08/15 22:57
さて、小泉首相が靖国神社に参拝した訳だが
 とりあえず、個人的には遺憾の意が半分(政教分離に関わる部分、あと靖国神社の歴史観を全面肯定してるわけではないこと)、戦死した人たちの慰霊なら仕方ないのかなという気持ちが半分、というところである。 ...続きを見る
FKS-173cmの言いたい放題?
2006/08/15 23:25
最後まで余計なことばっかりしてくれるNHK(日本の恥小泉)
今日、あのNHK(日本の恥小泉)が、靖国神社へ参拝したわけだけど、一体何のために行ったんだろう?あの冷血極まりない他人に愛情のない人間が「戦争で命を投げ出さなければならなかった犠牲者に対し、心からなる敬意と感謝の念を持って参拝している」なんて心にも思っていないくせに何を言ってるんだろうか。本当にそう思っているんだったら、広島や長崎の式典後に行なわれる「被爆者代表から要望を聞く会」には、なぜ5年も連続で欠席したんだよ?広島の式典に棒読みの式辞を読み、出席者から顰蹙を買った男が靖国参拝しても意... ...続きを見る
風に吹かれて
2006/08/16 00:37
小泉首相、復讐の神社へ----8月15日の靖国参拝
 小泉首相が今日の7時40分頃靖国神社に参拝する。  なぜそれがいけないのか、それは中国・韓国が批判するからではない。靖国神社は戦争を賛美し、日本の侵略戦争を正しいものとし、国民に死ねと命令し、それに際して一人でも多くの敵を道連れにせよ、とする神社だから批判するのだ。死んだ者を区別しないのが日本の思想というのならなぜ「英霊」というものが存在するのだ?すべての戦没者が戦争の犠牲者として同じはずなのに顕彰する理由は何なのか。◆ 復讐の神社  それは招魂の思想、つまり英霊の魂を呼び、生存者がその魂... ...続きを見る
とりあえず
2006/08/16 06:51
死者を冒涜する靖国参拝を批判する
 お盆の間も暦通りの出勤で、昨日は炎天下の仕事で疲れたために記事を書くことも書き ...続きを見る
アッテンボローの雑記帳
2006/08/17 00:33
ある上司(指導者)にはそのうえの上司がいたお話
 もうかなり前の話だが、ある上司がいた。いつもは皆で議論して決めていこうと非常に開けた業務方針で、議論を尽くし、下部の意見も取り入れて判断されていた。  しかし有るとき聞く耳持たぬ態度で出られた事があった。そのときは理由は分からなかったのだが、狭い会社の事、そのうち理由は分かる。上司のそのうえから厳命が来ていたのだ。そのうえは下部の意見など聞かない人だった。  後で考えれば態度というか印象というか、見た目も違っていた。それ以降はその態度から厳命が来ているかどうかはすぐに分かるようになっ... ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2006/08/17 02:27
佐高信氏さんの呆れ果てぶりを漫画にするなら、こんな感じかもね、、。
(クリックすると拡大します) @ A B C 退陣1カ月前に暴挙 彼は果たして正 ...続きを見る
雑談日記(徒然なるままに、。)
2006/08/17 22:10
「対馬丸〜さよなら沖縄〜」
8月15日の終戦記念日に、テレビで放送していたのを観る。 ...続きを見る
逍遥録 −衒学城奇譚−
2006/08/17 22:53
学生が考える小泉総理の靖国神社参拝と、最新映画。
昨日のTVタックルでも論議されていた靖国神社参拝。いち大学生がエラそうに論じるつもりはないのだが、いわゆる小泉総理最後の使命の実現に、純粋に感動した。 ...続きを見る
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ...
2006/08/18 13:53
さて、小泉首相が靖国神社に参拝した訳だが
 とりあえず、個人的には遺憾の意が半分(政教分離に関わる部分、あと靖国神社の歴史観を全面肯定してるわけではないこと)、戦死した人たちの慰霊なら仕方ないのかなという気持ちが半分、というところである。 ...続きを見る
FKS-173cmの言いたい放題?
2006/08/19 14:32
日本鬼子! 皇軍と性暴力
「また、無差別強姦や、管理された強姦をなさしめた精神的 ファクターは、たんに性欲処理にだけ求められるのではなく、 対中憎悪と一体のものとして現れた攻撃衝動にも求められなけ ればならない。」(津田道夫著「侵略戦争と性暴力」あとがき より) 戦場での加害の事実.. ...続きを見る
サブカル雑食手帳
2006/08/20 14:41
コーソツ主婦の靖国問題(1)
この文章を書くにあたり、まず無学な一主婦が、何故こんな問題に首を突っ込んで頭を悩 ...続きを見る
doll and peace
2006/08/21 18:00
靖国神社 終戦記念日
靖国神社に行ってびっくりしたこと2 :図書係り(長屋) :2007/08/16(... ...続きを見る
生のもニュース
2007/08/20 01:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
実にうまい風刺です。こういうウィットのきいた笑いで対抗するのが、小泉のような厚顔無恥の相手には有効なのかもしれません。
submarin
2006/08/15 12:11
submarinさん、コメントありがとうございます。
まじめに批判するのも哀しく、結局こんな記事になってしまいました。コイズミはまだニホンの首相なんですよねぇ。褒めていただき嬉しいやら悲しいやら……。
dr.stonefly
2006/08/15 15:20
あいたたた・・・
これは釣りか何かか?
本気で言ってる訳じゃないよね?
zzz
2006/08/16 06:38
dr.stoneflyさん、ご来城ありがとうございました。「逍遥録−衒学城奇譚−」の発掘屋です。
トラックバックとコメント、ありがとうございました。

ところで今日の記事ですが、やっぱ腹の中じゃ、こんぐらいのコトしか考えてなんでしょうねぇ。あの首相は……

「Under the Sun」でのアンケェトの方は、う〜ん……今はちょっと、手回りません。できたらやりたいんですが。
つーか編集に参加しませんか?コラム、書きませんか?
発掘屋
2006/08/16 22:58
トラックバックいただきありがとうございます。
自分が記事を書く以前に、コイズミさんの答え成る記事を書かれていたのですね。
愚問でした(汗)
失礼いたしました。
sendo
2006/08/16 23:32
こんにちは(つれづれ・・・)
人間は生まれる社会や時代や親を選ぶことはできません。だから「気に入らなければ出て行け」ということは好みません。狭い地球ですから、自分の都合だけで他者を排除することをこのみません。
私は、国家や学校や会社など、もろもろの
組織を、自分の拠り所の中核に据えるようなバカには育てたくないと考え子育てしてます。
子どもたちは、この国や政治家の虚構にきづきつつあります。自分の足下で、物事を素直にみて考え行動し続ける必要を感じつつあります。
お身体ご自愛の程。
ダメオヤジ
2006/08/17 05:59
発掘屋さん、コメントありがとうございます。(二重投稿の削除ありがとうございました。削除依頼の三重投稿しなくてよかったぁ)
アンケートにつき、苦労し吟味され設問や選択肢をつくられていることを知りながら、軽々しかったですね。申し訳ありません。
UTSの編集参加のお誘い、コラム執筆のお誘いありがとうございます。いつもコラムを読み勉強させていただきながら、お断りするのも気が引けますが、ただ、そこに書く力量もさることながら、「降り注ぐ太陽の下、誰もが幸せに暮らせるような世の中を願って」の次に言及する思索・ベクトルにワタシのなかで「迷い」が生じているのも事実です。もう少し責任が自分に回帰する自分のブログで考えたいと思います。逆に将来こちらからお願いすることがありましたら、また考慮ください。
dr.stonefly
2006/08/17 09:42
sendoさん、いやいや、この記事で納得しないでください。でもそれほど遠くないと思ってます。アメリカとの関係を言及しているブログがあり、考えさせられます。もう少しアメリカとの関係を織り込めばよかったと思ってます。
dr.stonefly
2006/08/17 09:46
ダメおやじさん、
>国家や学校や会社など、もろもろの組織を、自分の拠り所の中核に据えるようなバカには育てたくないと考え子育てしてます。
まったく、同感です。
ワタシたちは「国」や「組織」を拒否し普遍を求めようとしても、現実には日本のなかで生きています。ただ、「日本のなかで生きている」ことと「日本を拠り所にして生きている」とは全く違うことですね。でも今の日本は「日本を拠り所にして生きる」ことを強要しているように感じてます(また拠り所にすべきと洗脳された人々から糾弾されます)。だからワタシはニホンに言及したい、と思ってます。
足の方はだいぶ良くなりました。お見舞いの言葉ありがとう。
dr.stonefly
2006/08/17 09:59
TBありがとうございます。
複雑な靖国問題、孤立する日本、そして言論の自由をおびやかす政治テロと、「眉間にシワ」な日々が続きますが、「ぼくちゃん」のアホアホ無責任ぶり全快のエントリーに久しぶりに笑みがこぼれました。(^^)
それにしても、日本国民の51%が「ぼくちゃん」かよ!(爆)
ぷら
2006/08/17 19:01
ぷらさん、コメントありがとう。
笑ってもらえて、嬉しく思います。某反日監視ブログでは「おかしな奴」と書かれましたけど……(笑)。
まあ解っていただける人には、笑ってもらえるんですがねぇ。これでも首相ということで記事を書いてて物悲しさはあります。アベになったら腹立つ以前にそのままギャグなので、どうしたもんかと思ってます。
dr.stonefly
2006/08/18 00:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
「靖国神社」…小泉劇場・8.15参拝の巻 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる