毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「原子力空母、六ヶ所…」核列島にテポドンが降る

<<   作成日時 : 2006/06/20 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 昔、ある人が酒を飲みながら自嘲気味に言っていた。原子力空母エンタープライズの横須賀寄港の抗議行動をしたときのことだ。「漁船」でエンプラに向かっていって、シュプレヒコールを上げるのだが、ほぼ垂直に首をまげ上の方を見上げて抗議の叫びをあげると、ビルの屋上とも思える遥か上空から海兵が指を指して笑っているのが見えた、ってにわかには信じ難い話を聞いて大笑いしたことがある。なんて、もう笑えない……。

 「戯れ言」にもたまにコメントをくれるkobantoさんが遺書を書くときき、取り敢えず記事にて弔いをしようと思う。事故がおきれば、三浦半島が全滅し、房総半島まで影響がでるようだ。10年以内に120万人以上がガンで死亡するらしい。しかも事故の原因を「おもいやり予算」にて建設する。しかもしかもその目的は「戦争のためのもの」でしかなく、事故が起きなくても人殺しの道具として使用される。そんな「原子力空母配備容認」を横須賀市長がして一晩で、米軍横須賀基地の工事着工に合意した。

 原子力空母が事故をおこさないという言葉の根拠は、「事故が起きたことがない」と「アメリカが言う」からだけらしい。おいおいおい、言ってるのはアメリカなんだぜ、適当なでっち上げでたびたび戦争を起こすあのアメリカが言うことを信じていいのかい。
 「非核」にしろ「戦争放棄」にしろ、その言葉さえ完璧に忘れ去られているな。「2度とあやまちをおこしません」と言ったらしいこの国だったはずだが、前の戦争の記憶も反省も全て破棄して、市民の安全も放棄する「国家」。その「国家」が法で愛を強要する。あの時の「あやまち」て、一体なんだったんだ……

 てなことを書いてるうちに、テポドン2がの発射準備が進められていると書かれた新聞がきた。

 もう、どいつもこいつも理解不能だ。批判もできやしない……。原発といい、六ヶ所といい、原子力空母といい、核まみれのニホンがテポドンでドカン!! かよ、、あとはジワジワと被爆して、ガンになり、、、、みんな、やり残したことは、早くやっとかないと後悔するぜ。ってそうじゃないだろ……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
対流圏も温暖化しているようです
熱と光:対流圏も温暖化しているようです。 (The Economist Vol 376, No. 8439 (2005/08/13), "Heat and Light," pp. 64-5) ...続きを見る
晴耕雨読
2006/07/17 17:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 早速のお弔い、ありがとうございます。

 ところで、私はテポドンの件は、な〜んとなく「ヘン」に思えてしかたありません。北朝鮮のカタを持つ気はサラサラありませんけど、「イラクの大量破壊兵器」の件を思い出してしまいます。
kobanto
2006/06/20 08:23
いやいや死ねばもろともですから、、、
なんて言ってる場合じゃないですね。
それにしてもすごい指摘ありがとう。気づかなかった自分を恥じてます。
dr.stonefly
2006/06/20 11:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
「原子力空母、六ヶ所…」核列島にテポドンが降る 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる