毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 0歳からの母親作戦 井深 大著(ごま書房/1991.10.30)

<<   作成日時 : 2006/03/29 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 驚異のダメ本。
 本当はここに載せることさえ嫌な本である。読み進むにつれ、いらいらが溜まり一度は閉じてしまった。この井深という人はソニーの創業者であり、いまは名誉会長である。何をトチ狂ったか1968年に幼児開発研究所を開設して以来幼児教育に力を入れているらしい。しかもこの本を始め「幼稚園では遅すぎる」「0歳-教育の最適時期」という早期教育のバイブル的本を書き、売れに売れているらしい。
 しかし、読んでみると2-3ページごとに「ツッコミ」を入れることになり、精神衛生上よくないこと、このうえない。たとえば、『幼児期の教育を逃すと、本人がいくら苦労しても“育ち”の違いが出る』など小見出しを読むだけでイライラっとするのだが、我慢して読み進むと『生まれたときから質のいい宗教的雰囲気の中で育った人は、(中略)自然に他人への思いやりとか謙虚な態度がとれるのです。また、こうした幼児から身に付いた生活態度は、タイタニック号の沈没などという生死の境目や、いざというときの沈着な行動にもあらわれて来ます』……なんでタイタニックの沈没やねん、おのれは乗っとったんかい、しかも宗教的雰囲気ってなんやねん…などとツッコミどころ満載である。だいたい大企業の経営者などという利益至上主義であり、搾取の頂点にいることを疑問に持たない者が子どもの教育に関わるなど、恐ろしいことであるよ。しかも間違っていても科学的根拠に依存しているかと思えば、『胎児から』という本では『科学的な説明は不可能でも事実は、事実です。というより事実こそがすべてであって、実のところの科学的説明などどうでもいいのです』っておいおい、しかもその『事実』の検証もしないで、もうハチャメチャでんな。
→買ってはいけない本である、と私は思うぞよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
0歳からの母親作戦 井深 大著(ごま書房/1991.10.30) 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる